発行者による作品情報

あなたは「30年、40年後の人生」をどうイメージしていますか?

少子高齢化や年金の問題など、僕たちが老後を迎えるこれからの日本の未来は不安要素が山積みだと言われています。

不安の中心になるのは「お金」の問題です。今はそこまで不自由は感じていないけど「将来を考えると不安」、僕の周りにもそんな風に感じている会社員の人が多くいます。


そこで考えるべきなのが「将来に向けた資産形成」です。


将来を安心して過ごすためには、今より多くのお金を持つ必要があり、

その為にはお金を増やすための資産形成を始めることが重要です。


ですが、必要性を感じている一方で、皆さんの中にも


「将来的には必要かもしれないけど、まだ早い」

「今はまだ資産形成に回せるお金がない」


というように、「今はまだそのタイミングではない」と考える人もいるのではないでしょうか。


最初にお伝えしておきますが、資産形成は早く始めるべきです。

早く始めた人から、未来の不安を手放すことができます。

年金もどうなるかわからない今の時代、

「これから先お給料は増えるのか」

「将来に備えて貯金できるのか」

考えれば考えるほど不安が尽きません。

そんな時代からこそ、会社員として働きながらでも、早くから資産形成を始めることが大切なのです。


残念ながら、宝くじに当たったかのように、ある日突然お金が増えることはありません。何もしなければお金は増えませんし、今の生活の延長線にしか未来はありません。しかし時間をかければ、そんな未来も変えることはできます。ある日突然お金持ちになることはできなくても、正しい資産形成の方法を身に付けることで着実にお金を増やすことができるのです。

本書では、普通の会社員が一生安心して過ごすための「お金の増やし方」についてお話します。「何を始めるべきなのか」「どんな考えを持ちどう行動すべきなのか」、資産形成を始めることに難しさを感じているあなたでも、会社員として働きながら始められる資産形成の方法をお話していきたいと思います。


はじめに


第1章:投資っていったい何?資産形成において大切なこと 

 ・「投資」とは何か、今行おうとしているのは本当に投資?

 ・貯蓄は投資ではない

 ・株やFXでは予測がつかない

 ・投機と投資は違う


第2章:お金がなくてもできる投資の考え方 

 ・お金がない人ほど投資を考えよう

 ・自分の資産から、投資できる分を捻出しよう

 ・意外とかけすぎてしまう生活コストを削減する

 ・車の維持費

 ・金融商品は必要なものだけに絞る


第3章:資産形成におすすめなのは不動産投資!ポイントを解説

 ・不動産投資であれば、融資で今すぐ始められる

 ・買うべき不動産物件を見極める

 ・慣れてきたら、少しずつ資産を増やす工夫をする

 ・リスクの高い物件には手を出さない

 ・リスクが高い物件その1:人口が少ない地域の不動産物件

 ・リスクが高い物件その2:利回りが高いが空室リスクも高い物件


第4章:資産形成を始めるなら、早い方が良い!将来をより豊かにするためのマインドセット 

 ・勉強しただけで終わるのはもったいない

 ・今から始めれば遅くない

 ・自分の人生のために積極的に動こう!

 ・資産を得て、金銭的な不安から解放されよう


おわりに


■著者プロフィール


金川 顕教(かながわ あきのり)


経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業化、作家。

三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。


大学在学中に公認会計士試験に合格し、

世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである

有限責任監査法人トーマツでの勤務を経て独立。


トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など

様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。


数多くの成功者から学んだ事実と経験を生かして経営コンサルタントとして独立し、

不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。


「量から歯科室は生まれない」をミッションとしていて、

一人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、

ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2019
2月8日
言語
JA
日本語
ページ数
35
ページ
発行者
金川 顕教
販売元
Umeda Noritsugu
サイズ
2
MB

金川 顕教の他のブック