准教授・高槻彰良の推察3 呪いと祝いの語りご‪と‬

    • 4.4 • 29件の評価
    • ¥730
    • ¥730

発行者による作品情報

尚哉の友人・難波の元に不幸の手紙が届いた。
時を同じくして、高槻と尚哉は「図書館のマリエさん」という聞き慣れない都市伝説を知る。
図書館の蔵書に隠された暗号を解かないと呪われるというのだが……。――「不幸の手紙と呪いの暗号」

鬼神伝説が残る村に調査に出向いた一行は、不気味な洞窟で、額に穴のあいた頭蓋骨を見つける。
その直後、高槻に思いがけない受難が……。 尚哉は、佐々倉はどうする!?
「あぁ、この世はなんてたくさんの呪いに満ちているんだろうね。」――「鬼を祀る家」

高槻と、幼馴染である捜査一課の刑事・佐々倉の幼い頃を描いた番外編「【extra】それはかつての日の話」も収録。

いま、売れに売れている民俗学ミステリ、シリーズ待望の第3巻!
本当に、面白いんです!!!

イラスト/鈴木次郎

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2019年
11月21日
言語
JA
日本語
ページ数
232
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
3
MB

澤村御影 & 鈴木次郎の他のブック

2018年
2020年
2019年
2021年
2020年
2020年

このシリーズの他のブック

2020年
2020年
2021年
2021年
2022年
2022年