発行者による作品情報

「処女時代の追憶」は日本の小説家、歌人である岡本かの子の小説。この作品は底本の「岡本かの子全集 第十四巻」では「評論・エッセイ」としてまとめられている。

ジャンル
小説/文学
発売日
2013
2月1日
言語
JA
日本語
ページ数
6
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
10.6
KB

カスタマーレビュー

ぴーゆぴ

誰もが。

経験したのではないでしょうか?処女、という潔白の中で。私も昔の子供時代を思い出し、苦く歯がゆい感じが致しました。

岡本かの子の他のブック