十津川警部 謎と裏切りの東海道 徳川家康を殺した‪男‬

    • 3.1 • 7件の評価
    • ¥520
    • ¥520

発行者による作品情報

同郷の偉人として徳川家康への敬慕を公言し、生まれ故郷の静岡に多額の寄付を絶やさず名誉市民にもなっていた警備保障会社の社長・松永。その彼に脅迫状が届き、襲われた。思わず「暴漢」を殺してしまったという彼の正当防衛の主張に、十津川警部は不審を覚える。松永が隠していた「過去の貌(かお)」。そこに、事件を解く鍵があった──。

ジャンル
小説/文学
発売日
2012年
12月10日
言語
JA
日本語
ページ数
245
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
826.4
KB

西村京太郎の他のブック

2003年
2001年
2006年
2014年
2013年
2009年

カスタマーはこんな商品も購入

1988年
1992年
2016年
2010年
1998年
1985年