• ¥440

発行者による作品情報

公団住宅で女性の絞殺死体が発見された。被害者は真田よう子、主婦。続いて夫の台東区役所広報課長・真田信一郎も福井・東尋坊で溺死。福井県警は夫が妻を殺して自殺したとの見解を発表したが、警視庁の十津川警部は疑惑を抱く。さらに真田の部下である小柳がひき逃げに遭い死亡。そんな折、捜査本部宛に一通の手紙が届いた。〈真田広報課長も、小柳課長補佐も、殺されたのです〉! 長篇推理。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2001
10月1日
言語
JA
日本語
ページ数
294
ページ
発行者
徳間書店
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
3.6
MB

カスタマーレビュー

しょうち105

よい

文庫版ですでに読んでいる作品の中だが、
なつかしく読ませていただきました。
タダじゃなかったら、読まないかもね

takahawk

旅愁をそそるエンターテイメント

文体にひかれ一気に読み終えてしまった。北陸を舞台にした推理小説の傑作である。旅情にもひかれた。

西村京太郎の他のブック

このシリーズの他のブック