発行者による作品情報

曲亭馬琴(1767-1848 本姓滝沢)の自筆稿本。安房里見家を舞台に八犬士の活躍を綴った読本。全9輯106冊。『八犬伝』の執筆には29年の歳月が費やされた。本書を執筆した天保5年(67歳)には右眼失明、天保12年以降は嫁お路が代筆した。自筆稿本は当館のほか早稲田大学図書館、都立中央図書館、天理図書館等にも所蔵されている。馬琴は寛政2年(1790)山東京伝に入門、戯作者となる。代表作『八犬伝』のほか多くの読本、合巻、黄表紙などを著した。稿料のみで生計を立てた最初の作家といわれる。なお、当館では馬琴手沢の初印本『南総里見八犬伝』や自筆書簡(40数通)なども所蔵する。(国立国会図書館デジタルコレクション解題より)

このブックは、国立国会図書館デジタルコレクションに掲載されてる書籍・資料で著作権の保護期間が満了している図書、古典籍です。電子書籍としてご覧頂くために画像加工や資料の統合をしています。

タイトルヨミ:ナンソウ サトミ ハッケンデン 4
著者標目:曲亭馬琴, 1767-1848
著者ヨミ:キョクテイバキン
シリーズ名ヨミ:ナンソウ サトミ ハッケンデン コクリツコッカイトショカンゾウショ
出版者:写
出版年月日:1834
種類:読本

ジャンル
小説/文学
発売日
2015年
4月30日
言語
JA
日本語
ページ数
62
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
119.9
MB

曲亭馬琴の他のブック

このシリーズの他のブック