• ¥1,600

発行者による作品情報

紀元68年、ネロを最後に神君アウグストゥスの血統が絶え、ローマは大混乱に陥った。1年あまりのうちに3人の軍人が帝位に就くも、次々に殺されるか、失脚した。血で血を洗う内乱が繰り広げられるローマ帝国。これが同じローマ人なのか? 未曾有の危機からローマを救い、さらなる繁栄へと向かわせたのは、出自にも輝ける才能にも恵まれなかったヴェスパシアヌスとその息子たちだった。危機を糧として発展を続けるローマ帝国の神髄が描かれた一書。 ※当電子版は単行本第VIII巻(新潮文庫第21、22、23巻)と同じ内容です。

ジャンル
小説/文学
発売日
1999
9月8日
言語
JA
日本語
ページ数
506
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
27.9
MB

塩野七生の他のブック

このシリーズの他のブック