• ¥520

発行者による作品情報

「その時は、それが真実になってしまうのです」。「成仙道」の幹部・刑部を前に、家族を“喪った”男・村上貫一は大きく揺れた。同じころ、「韓流気道会」の毒手は、突如消息を絶った木場を追う二人の刑事、青木と河原崎へと伸び、華仙姑処女は“開かずの間に居たモノ”にまつわる戦慄の体験を語りはじめる。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2013
2月25日
言語
JA
日本語
ページ数
250
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
2.2
MB

京極夏彦の他のブック

このシリーズの他のブック