• ¥730

発行者による作品情報

中央自動車道を岐阜から新宿に向かっていた高速バスが防護柵に激突。1名が死亡、重軽傷者8名の大惨事となった。運転していた小平がハンドル操作を誤ったとして逮捕されるも、警視庁捜査一課の犬養は事故に不審を抱く。死亡した多々良は、毎週末に新宿便を利用する際、いつも同じ席に座っていた。やがて小平と多々良の過去の関係が明らかになり……。(「赤い水」)
人間の悪意をえぐり出した、どんでん返し満載のミステリ7編!
※本書は二〇一三年七月に小社より刊行された単行本『七色の毒』を改題し文庫化したものが底本です。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2015年
1月24日
言語
JA
日本語
ページ数
209
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
1.7
MB

カスタマーレビュー

のの0913

安定の面白さ

犬養さんがとても素敵で!
ドラマにしたら誰がやるんだろうって想像しても面白い…そんな内容ばかりでした。
短編集なので読みやすい、そして連作にもなっていて…楽しめました。

中山七里の他のブック

このシリーズの他のブック