• ¥660

発行者による作品情報

T大学大学院生の簑沢杜萌は、夏休みに帰省した実家で仮面の誘拐者に捕らえられた。杜萌も別の場所に拉致されていた家族も無事だったが、実家にいたはずの兄だけが、どこかへ消えてしまった。眩い光、朦朧とする意識、夏の日に起こった事件に隠された過去とは? 『幻惑と死と使途』と同時期に起こった事件を描く。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2000
11月15日
言語
JA
日本語
ページ数
520
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
901.8
KB

森博嗣の他のブック

このシリーズの他のブック