• ¥660

発行者による作品情報

偉大な数学者、天王寺翔蔵博士の住む「三ツ星館」。そこで開かれたパーティの席上、博士は庭にある大きなオリオン像を消してみせた。一夜あけて、再びオリオン像が現れた時、2つの死体が発見され……。犀川助教授と西之園萌絵の理系師弟コンビが館の謎と殺人事件の真相を探る。超絶の森ミステリィ第3弾。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
1999
7月15日
言語
JA
日本語
ページ数
486
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
1.4
MB

カスタマーレビュー

*ちむ*

森博嗣さん作品の中で

これが1番好きです。

☆まさぶう☆

今までに無い

今作は、今までに無いスリリングなアクションシーンが出できて驚きましたが、いつもながらのトリックも事件の背景となる人間関係も、秀逸でした。

てぬいたやな

ふかつの方くき貴様が羽化むつくえふ

たあこすまはぬるぬらめやゆこたおかぬはあてにかちつこまさこゆくにあさかた区福くえんかぬつかたうむぬなそかしゆにひきふふふくらにかかはる

森博嗣の他のブック

このシリーズの他のブック