• ¥200

発行者による作品情報

『 大鴉 』(おおがらす、 The Raven )は、 アメリカ合衆国の作家エドガー・アラン・ポーが1845年 1月29日に発表した物語詩 。 その音楽性、様式化された言葉、超自然的な雰囲気で名高い。 心乱れる主人公(語り手)の元に、人間の言葉を喋る大鴉が謎めいた訪問をし、主人公はひたひたと狂気に陥っていく、という筋である。 学生であろうと指摘されることの多い 主人公は、恋人レノーアを失って嘆き悲しんでいる。 大鴉はパラス( アテーナー )の胸像の上に止まり、「Nevermore(二度とない)」という言葉を繰り返し、主人公の悲嘆をさらに募らせる。 詩の中のいたるところに、ポーは伝承やさまざまな古典の隠喩を行っている。

ポーは『大鴉』はきわめて論理的かつ整然と書かれたものだと述べている。 翌1846年に発表したエッセイ『構成の原理』( en:The Philosophy of Composition )の中で、ポーは、批評家・一般読者両方の嗜好に訴えることのできる詩を作ることを意図したと解説した。 この詩はチャールズ・ディケンズの小説『 バーナビー・ラッジ 』に出てくる人間の言葉を喋る大鴉に一部着想を与えられたのではないかと言われている 。 その複雑な韻律 (rhythmおよびmeter)は、 エリザベス・ブラウニングの詩『Lady Geraldine's Courtship』から借用したものである。

「イブニング・ミラー」紙( en:New York Mirror )に掲載された『大鴉』のため、ポーはまたたくまに有名になった。 『大鴉』はすぐに各紙に再掲載され、挿絵もつき、パロディも生まれた。 その価値については異議を唱える批評家もいるものの、これまで書かれた有名な詩の1つであることに変わりはない 。

ジャンル
小説/文学
発売日
2014
1月24日
言語
JA
日本語
ページ数
58
ページ
発行者
Macho Pubhouse
販売元
Tomas Sarluska
サイズ
14.8
MB

エドガー・アラン・ポーの他のブック