• ¥620

発行者による作品情報

雪媛が貴妃として皇宮に入ってから半年、皇帝・碧成は体調を崩しがちになっていた。実は雪媛が碧成を殺そうと毒を盛っているのだが、碧成は飲むと一時的に体調が上向くことから雪媛が煎じる薬を飲み続け、神女としての名声は高まるばかり。一方、碧成の娘を産み、後宮を掌握していた寵姫・芙蓉の影響力は健在だった。芙蓉のもとには、雪媛を忌々しく思う者達が集まり…?

ジャンル
小説/文学
発売日
2019
6月26日
言語
JA
日本語
ページ数
304
ページ
発行者
集英社/集英社オレンジ文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
2.3
MB

白洲梓 & 蔀シャロンの他のブック

このシリーズの他のブック