• ¥600

発行者による作品情報

憂鬱にとらえられ、傷つき、かじかんでしまった女性の心を繊細に映しだし、灰色の日常に柔らかな光をそそぎこむ奇跡の小説、全五篇。豊平川の水面に映る真っ青な空。堤防を吹き抜けるつめたい風。高校三年の九月のある日、ピアスの穴を開けようとする私に向かって、かつての恋人は言ったのだ。「大切なものを失くしてしまうよ」と。

ジャンル
小説/文学
発売日
2004年
4月28日
言語
JA
日本語
ページ数
152
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
1.3
MB

大崎善生の他のブック