発行者による作品情報

『安重根(――十四の場面――)』は、日本の小説家、翻訳家林不忘。林不忘(はやしふぼう)、牧逸馬(まきいつま)、谷譲次(たにじょうじ)の3つのペンネームを使い分けて活躍した。この作品は底本の「「一人三人全集1[#「1」はローマ数字、1-13-21]時代捕物釘抜藤吉捕物覚書」河出書房新社」では「評論・文学研究」としてまとめられている。初出は「中央公論」中央公論社 1931(昭和6)年4月。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
1935
4月2日
言語
JA
日本語
ページ数
86
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
81.7
KB

林不忘の他のブック