平賀源内捕物‪帳‬

長崎ものがたり

    • 2.0 • 1件の評価

発行者による作品情報

この作品は書いている、久生十蘭(ひさお じゅうらん、1902年4月6日 - 1957年10月6日)は日本の小説家、演出家。北海道函館市出身、本名阿部正雄。推理もの、ユーモアもの、歴史もの、現代もの、 時代小説、ノンフィクションノベルなど多彩な作品を手掛け、博識と技巧で「多面体作家」「小説の魔術師」と呼ばれた。この作品は底本の「日本探偵小説全集8 久生十蘭集」では「フィクション・文学」としてまとめられている。本書で登場するのは、「朱房銀欛の匕首」「唐館蘇州庵の竹倚」「長崎本籠町 唐木屋利七」「盂蘭盆の夜の出来事」の4つ。初出は1986(昭和61)年10月31日。

ジャンル
小説/文学
発売日
1986年
10月31日
言語
JA
日本語
ページ数
36
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
36.8
KB

久生十蘭の他のブック

1954年
2015年
1943年
2015年
1990年
1943年

カスタマーはこんな商品も購入

2015年
2015年
2015年
2015年
2015年
2015年