• ¥740

発行者による作品情報

かつて、能登の断崖に消えた“百舌”は復讐を誓い、北朝鮮の工作員として、日本に潜入した──。稜徳会病院で起きた大量殺人事件は、明確な理由もなく突然の捜査打ち切りが発表され、背後に政治的な陰謀がからんでいるのではと、取り沙汰されていた。捜査に当った倉木尚武警視は、大杉良太警部補、明星美希部長刑事などと共に闇に葬られようとする陰謀を執拗に追う。息もつかせぬサスペンス長編小説。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2014
3月25日
言語
JA
日本語
ページ数
408
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
843.5
KB

逢坂剛の他のブック

このシリーズの他のブック