• ¥690

発行者による作品情報

警察職員二十六万人、それぞれに持ち場がある。刑事など一握り。大半は光の当たらない縁の下の仕事。神の手は持っていない。それでも誇りは持っている。一人ひとりが日々矜持をもって職務を果たさねば、こんなにも巨大な組織が回っていくはずがない。D県警は最大の危機に瀕する。警察小説の真髄が、人生の本質が、ここにある。

ジャンル
小説/文学
発売日
2015年
2月10日
言語
JA
日本語
ページ数
368
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
704.2
KB

カスタマーレビュー

野呂ちゃん

警察官のシリーズ書

初めては余りのみ込めなかったが後半からは良かった。

横山秀夫の他のブック

2015年
2005年
2016年
2006年
2007年
2005年

このシリーズの他のブック

2015年
2001年
2002年
2005年