• ¥780

発行者による作品情報

【第61回毎日芸術賞受賞作】能登半島の突端にある孤狼岬で発見された記憶喪失の男は、妹と名乗る女によって兄の新谷和彦であると確認された。東京新宿では過激派集団による爆弾事件が発生、倉木尚武警部の妻が巻きぞえとなり死亡。そして豊明興業のテロリストと思われる新谷を尾行していた明星美希部長刑事。錯綜した人間関係の中で巻き起こる男たちの宿命の対決。その背後に隠された恐るべき陰謀。迫真のサスペンス長編小説。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2014
3月25日
言語
JA
日本語
ページ数
456
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
981.3
KB

カスタマーレビュー

gkym

とても面白い

休む間も無く読み切った。90年の作とは思えない、息をつかせぬ刑事もの。次のシリーズも読みたい。

逢坂剛の他のブック

このシリーズの他のブック