心の休ませ‪方‬

「つらい時」をやり過ごす心理学

    • 3.3 • 4件の評価
    • ¥510
    • ¥510

発行者による作品情報

からだが疲れたら、休憩や睡眠をとれば回復する。では、生きることに疲れた心はどうすればラクになるのだろうか。真面目に頑張っているのに、なぜか報われない――本書は、そんな現代人のためのメンタルヘルス読本。「人生には、頑張る時と休む時がある」という著者が、なぜ心を病むのか、その時どうすればいいのかをアドバイスする。ストレスにさらされ続けた心を休ませ、生きるエネルギーを取り戻すためには、「人生に疲れた原因を周囲や世の中のせいにせず、自分に与えられた試練として現実を受け止めること。その対策を考えるための行動を起こす勇気を持つこと。少しでも前向きな選択をすること」が必要だと、心理学の視点から説き明かす。「休むことも生きること」「傷つく必要のない言葉で傷つくな」など、「うつ」に負けることなく、幸せに生きるための具体的方法を開陳。多くの悩める読者を励まし、ホッとさせたベストセラー人生論、待望の文庫化!

ジャンル
健康/心と体
発売日
2012年
11月21日
言語
JA
日本語
ページ数
157
ページ
発行者
PHP研究所
販売元
PHP Institute, Inc.
サイズ
1.5
MB

カスタマーレビュー

たかたかadmj

予想と違いました

休ませ方と言うのよりも、何故そうなるのかが延々と書かれており途中でお腹いっぱいになりました。

医療関係者が読むべき本だと思います。

加藤諦三の他のブック

2015年
2014年
2010年
2015年
2011年
2012年

カスタマーはこんな商品も購入

2018年
2016年
2017年
2011年
2017年
2020年