• ¥1,600

発行者による作品情報

主人公といっしょに働くことの意味を見つめ直す本。
ロングセラー「賢者の書」「君と会えたから……」で読者を感動の渦に巻き込んだ著者が贈るメッセージ。はたして、謎の「手紙屋」の正体は?
就職活動に出遅れ、将来に思い悩む、大学4年生の僕(大学生4年生)はある日、書斎カフェで奇妙な広告とめぐりあう。その名も『手紙屋』。10通の手紙をやりとりすることであらゆる夢を叶えてくれるというのだが……。「働くことの意味とは? 真の成功とは? 「物々交換」「自分に向いているものを探さない」「思いどおりの人生を送る」etc.明日を変える10の教え。

ジャンル
健康/心と体
発売日
2007年
8月15日
言語
JA
日本語
ページ数
256
ページ
発行者
ディスカヴァー・トゥエンティワン
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
4.2
MB

カスタマーレビュー

おやはしや

とても感動した

私も今就職活動中で、ある人の紹介でこの本を手にしました。
漠然と考えていた自分の考えが、読み終えた今とても整理されていて
自分だけの就職活動ができそうです。
そして今後の人生において、とてもとても特別な一冊になると感じました。

喜多川泰の他のブック

2010年
2006年
2019年
2009年
2009年
2008年