発行者による作品情報

「故郷」は明治から昭和時代にかけて活躍した日本の小説家である太宰治の短編小説。この作品は「帰去来」の続編であり、病気の母との対面と兄たちとの和解が書かれたほとんど実録に近いもの。

ジャンル
小説/文学
発売日
1993
2月1日
言語
JA
日本語
ページ数
19
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
18
KB

太宰治の他のブック