• ¥850

発行者による作品情報

東西両横綱という言葉がある。

まあ要するにふたつのトップとして並び立つ存在、というような意味で使われるわけだが、

町田市は一部では「西の横綱」として認識されている。

対して東は足立区だ。

なんの横綱か?

つまり東京でもっともガラの悪い地域としての「横綱」である。

あんまり嬉しくない番付上位だ。



とはいえ、これがあんまり否定できないのがつらいところ。

確かに町田市のイメージは悪い。

チンピラが多い、ナンパ成功率が都内トップといった評判もある。

中には「渋谷や新宿よりも恐い」などという声もある。

そんな馬鹿な、な話だが、そういうことをいう人がいるのは事実だ。



こうした「評判」「イメージ」は事実に基づいているのだろうか。



実際、町田市民(と、つながりの深い相模原市民)はともかく、

多くの人が「町田市は東京都である」ことを知らなかったりする。

おかげで、西東京でも指折りの大都市町田は、

「神奈川県の市で山が多い」などと言われる始末である。



しかし、こうしたレッテルやおかしなイメージには

事実に反する部分がいくらか内包されているのと同時に、

「そう思われてしまう別の原因」もあったりするわけである。



本書では、これらレッテルやイメージをひとつひとつ検証し、

現状・経緯・歴史をひもとき、本当の町田市の姿を見つめていく!!

ジャンル
参考図書
発売日
2014
3月26日
言語
JA
日本語
ページ数
147
ページ
発行者
マイクロマガジン社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
80.9
MB

地域批評シリーズ編集部, 諸友大 & 佐藤正彦の他のブック

このシリーズの他のブック