• ¥550

発行者による作品情報

怪事件が止まらない。一度に12人が毒殺された「帝銀事件」、療養中の市民が1年にわたって米軍に拉致監禁された「鹿地亘事件」、列車の脱線転覆事件の中でも謎の多い「松川事件」、戦時中に日本政府に接収された貴金属、特に大量のダイヤモンドの紛失をめぐる変死、細菌実験で悪名高い七三一部隊の石井中将以下メンバーへの占領軍による奇妙な厚遇、朝鮮戦争をめぐる深層の動き……昭和30年代に執筆された松本清張の分析・推理には、事件のまだ生々しい痕跡がある。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
1974
7月25日
言語
JA
日本語
ページ数
355
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
2.4
MB

松本清張の他のブック

このシリーズの他のブック