発行者による作品情報

『易の占いして金取り出だしたること』は、明治時代の日本の博物学者、生物学者(特に菌類学)、民俗学者南方熊楠。この作品は底本の「「日本の名随筆82 占」作品社」では「ビジネス・経営・金品」としてまとめられている。

ジャンル
小説/文学
発売日
2013
2月1日
言語
JA
日本語
ページ数
5
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
11.2
KB

南方熊楠の他のブック