• ¥660

発行者による作品情報

犯罪被害者の問題を真っ向から取り上げた衝撃作『風紋』。その7年後を描く。――母を殺された真裕子。新聞記者・建部。父が殺人者となった大輔。3人を中心に、それぞれに関わる人間の姿を余すことなく活写する。『風紋』に勝るとも劣らない心理描写に慟哭必至の大作。

ジャンル
小説/文学
発売日
2015
4月16日
言語
JA
日本語
ページ数
434
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.4
MB

乃南アサの他のブック

このシリーズの他のブック