• ¥800

発行者による作品情報

現代では「孤独=悪」だというイメージが強く、たとえば孤独死は「憐れだ」「ああはなりたくない」と一方的に忌み嫌われる。しかし、それは少しおかしくないか。そもそも孤独でいるのは、まわりに自分を合わせるくらいなら一人でいるほうが何倍も愉しく充実しているからで、成熟した人間だけが到達できる境地でもある。「集団の中でほんとうの自分でいることは難しい」「孤独を味わえるのは選ばれし人」「孤独を知らない人に品はない」「素敵な人はみな孤独」等々、一人をこよなく愛する著者が、孤独の効用を語り尽くす。

ジャンル
健康/心と体
発売日
2018
3月28日
言語
JA
日本語
ページ数
113
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
550.5
KB

下重暁子の他のブック