• ¥750

発行者による作品情報

見覚えのない部屋で目覚めた田村二吉。目の前に置かれたノートには、「記憶が数十分しかもたない」「今、自分は殺人鬼と戦っている」と記されていた。近所の老人や元恋人を名乗る女性が現れるも、信じられるのはノートだけ。過去の自分からの助言を手掛かりに、記憶がもたない男は殺人鬼を捕まえられるのか。衝撃のラストに二度騙されるミステリー。

ジャンル
小説/文学
発売日
2018
10月9日
言語
JA
日本語
ページ数
267
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
1.2
MB

カスタマーレビュー

タムータム

素晴らしい

小林泰三さんの作品を初めて読みました。
1冊のノートを基準に物語が進んでいくのが斬新で
ここ十数年まともな本を読んでいなかったのですが
久々に読んでみるとどんどん世界観に引き込まれていって
読む手が止まらなく一気に読んでしまいました。

その後、「玩具修理者」も続けて読みましたが
そちらもまた違った世界観で素晴らしい作品でした

どちらも次の展開を予想しては裏切られての連続でしたので
久々に心が高揚しました。

とても良かったです。

小林泰三の他のブック