水滸伝 十二 炳乎の‪章‬

    • 4.2 • 21件の評価
    • ¥470
    • ¥470

発行者による作品情報

青蓮寺(せいれんじ)は執拗に闇塩の道の探索を続け、ついに盧俊義(ろしゅんぎ)の捕縛に成功した。過酷な拷問を受ける盧俊義を救うため、燕青(えんせい)は飛竜軍とともに救出へ向かう。一方、北京大名府に残る闇塩の道の証拠を回収すべく、宋江(そうこう)自らが梁山泊全軍を率いて出動する。それに対して青蓮寺は、雄州の関勝(かんしょう)将軍に出陣の命を出した。宣賛(せんさん)と策を練り、梁山泊の盲点を見極めた関勝が静かに進軍する。北方水滸、極限の第十二巻。

ジャンル
小説/文学
発売日
2007年
9月20日
言語
JA
日本語
ページ数
400
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
1
MB

北方謙三の他のブック

2006年
2006年
2006年
2007年
2006年
2006年

カスタマーはこんな商品も購入

2013年
2017年
2008年
2016年
2013年
2008年

このシリーズの他のブック

2007年
2007年
2007年
2008年
2008年
2008年