• ¥470

発行者による作品情報

楊志(ようし)は盗賊に襲われた村に遭遇する。人々は惨殺され金品は奪い尽くされていた。何も手を打とうとしない政府に衝撃を受けた楊志は、魯智深(ろちしん)と共に盗賊の根城・二竜山(にりゅうざん)に乗り込む。そして初めて吹毛剣(すいもうけん)を抜く。一方、国を裏から動かす影の組織・青蓮寺(せいれんじ)は、梁山泊の財源である「塩の道」を断とうと画策する。それに対抗するため、公孫勝(こうそんしょう)率いる闇の部隊・致死軍(ちしぐん)が動き出す。荒ぶる北方水滸、灼熱の三巻。

ジャンル
小説/文学
発売日
2006
12月15日
言語
JA
日本語
ページ数
388
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
1.4
MB

北方謙三の他のブック

このシリーズの他のブック