• ¥550

発行者による作品情報

道ってやつは踏みはずすためにある。踏みはずしたところに、また道がある――川本高志、25歳。横浜の高級クラブ「オリエンタル」のボーイ。気位、男の誇りをバネに、自分しか歩みようのない道を身体ごとぶつけて切り拓いていく。アウトロウの原点を濃密な文体で描く迫真のクライム・ノベル。日本推理作家協会賞受賞作。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
1988年
10月25日
言語
JA
日本語
ページ数
312
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
708.2
KB

北方謙三の他のブック

2006年
2006年
2006年
2017年
2008年
2008年