• ¥600

発行者による作品情報

代表的日本人100人を選ぶ座談会で、昭和天皇を「畏るべし」と評した著者。


二・二六事件、第二次世界大戦を経験した人物は、如何なる思いでその座に就いていたのか。

北一輝との関係、「あっ、そう」に込められた意味、「天皇陛下万歳」と死んでいった三島由紀夫への思いなど、

今なおベールに包まれた素顔を探る。


日本人の根柢をなす、天皇制の本質にまで言及した、著者渾身の論攷。

ジャンル
政治/時事
発売日
2013
10月10日
言語
JA
日本語
ページ数
320
ページ
発行者
毎日新聞社
販売元
THE MAINICHI NEWSPAPERS
サイズ
4.6
MB

松本健一の他のブック