• ¥660

発行者による作品情報

信長の前途は明るい。叡山、本願寺の焼打ちでは仏敵の汚名は着ても、立ちふさがる敵は、武田勝頼、中国毛利、そして上杉謙信のみ。その謙信が死ぬ。長篠の合戦で武田軍を追い散らした信長の天下統一は目前。だが──明智光秀、本能寺に主君を弑する。時代を先駆けた不世出の天才は笑って死んだ。完結篇。

ジャンル
小説/文学
発売日
1987
10月8日
言語
JA
日本語
ページ数
444
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
914.7
KB

カスタマーレビュー

長谷川真

織田信長

山岡荘八さんのシリーズを読んで改めて歴史小説に興味が湧いてきました。歴史というのにこれまではあまり興味がなかったのですがテレビの時代劇や映画などには比べ物にならない程の感動を与えてくれました。家康や秀吉のシリーズもこれから全て読んでみようと思います。

山岡荘八の他のブック

このシリーズの他のブック