• ¥720

発行者による作品情報

新しいリベラルな豊臣秀吉像!日本史の常識を覆す全日本人必読の新・日本史!

戦国乱世の三大英傑のひとり、世に“鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス”とその人性を表される豊臣秀吉とはいかなる人物であったか? その虚像と実像を解き明かし、信長亡き後、最大のライバルであった徳川家康をいかに屈服させたかをはじめ、秀吉の天下乗っ取りの大戦略に迫る。とりわけ、秀吉の海外への野望について、歴史用語としての「朝鮮征伐」が教科書から抹殺された事由を説き、戦後教育の歪みを衝く衝撃の問題提起編。
目次
第1章 豊臣秀吉、その虚像と実像編
第2章 織田つぶしの権謀術数編
第3章 対決、徳川家康編
第4章 豊臣の平和編
第5章 太閤の外征編
年表
※お使いの端末によっては、図の一部が読みづらい場合がございます。

ジャンル
歴史
発売日
2007
6月11日
言語
JA
日本語
ページ数
544
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
3.6
MB

井沢元彦の他のブック

このシリーズの他のブック