• ¥540

発行者による作品情報

週刊文春連載エッセイ「夜ふけのなわとび」から抜粋した林真理子さんのお言葉集。毒舌が芸にまで昇華された林さんのエッセイですが、中でも含蓄があっておもしろい言葉のエッセンスを集めた金言格言集ともいうべき一冊です。

「口説かれた話を、得意げに言う女ほどみっともないものはない」
「女性が思ったことを何でも口に出来る、という立場になるには、(1)年齢(2)地位(3)お金(4)地位の高い夫のいずれかを手に入れなくてならない」
「完璧に釣り合いのとれた名前は嫁かない女の証」
「女の小ジワというのは、男のハゲに近い」
「地味な男ほど派手な女が好きだ」などなど。

一本筋が通った林さんの人生観に読めば思わずフムフムと深~く頷く自分がいることでしょう。とりわけ女性にとっては、生きて行くのに有益この上ない言葉ばかり。まさに、「運命を変える言葉」なのです。

【目次】
・女について
・恋愛と結婚について
・男について
・家庭について
・仕事について
・食べることについて
・オシャレについて

ジャンル
小説/文学
発売日
2018
1月4日
言語
JA
日本語
ページ数
256
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
710.1
KB

カスタマーレビュー

ぴーすけちゅん

もっと読みたかった。

林真理子さんの、やや辛口だったりズッコケ可愛いトコロが良かったです。もう少し踏み込んで話して貰えたらなぁ〜。あっという間に読み終えちゃったので普段なら☆☆☆☆☆ですけど…。空腹感ありです笑笑

はいでぃ

私には合いませんでした

とても可哀想で偏った考え方をされる方なんだろうという印象でした。
残念ながら幸せを引き寄せたい私には、合いませんでした。

林真理子の他のブック