• ¥850

発行者による作品情報

世の中を震撼させた青酸カリ毒殺の天銀堂事件。その事件の容疑者とされていた椿元子爵が姿を消した。「これ以上の屈辱、不名誉にたえられない」という遺書を娘美禰子に残して。以来、どこからともなく聞こえる“悪魔が来りて笛を吹く”というフルート曲の音色とともに、椿家を襲う七つの「死」。旧華族の没落と頽廃を背景にしたある怨念が惨殺へと導いていく――。名作中の名作と呼び声の高い、横溝正史の代表作!!

カバーイラスト/杉本一文

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
1972
2月24日
言語
JA
日本語
ページ数
428
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
1.5
MB

カスタマーレビュー

nyankonananotosan

ページ抜けがあります。

各章の最後にページ抜けがあり、話しが次章とつながりません。修復を御願いします。

横溝正史の他のブック

このシリーズの他のブック