• ¥880

発行者による作品情報

伊豆半島の南方にある月琴島に源頼朝の後裔と称する大道寺家が住んでいた。絶世の美女、大道寺智子が島から義父のいる東京に引きとられる直前、不気味な脅迫状が舞い込んだ。『あの娘のまえには多くの男の血が流されるであろう。彼女は女王蜂である……』この脅迫状には、十九年前に起きた智子の実父の変死事件が尾を引いているらしい。智子の護衛を依頼された金田一耕助だが、その前で血みどろの惨劇が! 大胆なトリックで本格探偵小説の一頂点をきわめた、驚異の大傑作!!

カバーイラスト/杉本一文

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
1973
10月15日
言語
JA
日本語
ページ数
406
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
1.6
MB

横溝正史の他のブック

このシリーズの他のブック