• ¥530

発行者による作品情報

「もしやあの男――本気だったか」。不可解な呟きを残し、今度は老師の大西泰全が惨殺された。天下の険の懐深く入り込んだ捜査陣はなす術もない。空しく仙石楼に引き揚げた骨董屋の今川、カメラマンの鳥口、そして文士の関口。そこに待っていたのは京極堂による、典座・桑田常信の「憑物」落としだった。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2013
2月25日
言語
JA
日本語
ページ数
335
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
2.4
MB

京極夏彦の他のブック

このシリーズの他のブック