鏡花氏の文‪章‬

    • 3.8 • 5件の評価

発行者による作品情報

「鏡花氏の文章」は昭和初期に活躍したが惜しくも早世した小説家、中島敦の評論。鏡花作品の文章を絶賛する一方で、作品を分析しつつ、その文章の魅力と新感覚派との相違を論じている。日本に花の名所があるように、「日本の文学にも情緒の名所がある」とし、それが泉鏡花の芸術だと述べる。

ジャンル
小説/文学
発売日
1937年
7月2日
言語
JA
日本語
ページ数
6
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
11.1
KB

中島敦の他のブック

2013年
2012年
1972年
2017年
1996年
1973年

カスタマーはこんな商品も購入

2003年
1999年
1991年
1999年
1928年
2002年