発行者による作品情報

明治・昭和時代の日本の小説家である中島敦の作品。詩人として名を成そうと志すも、「臆病な自尊心と尊大な羞恥心」のせいで切磋琢磨しようとせず、人喰い虎と化してしまった元官吏・李徴。進んで教えを請い、求めて友と交わることの大切さ…。自分の中にある僅かばかりの才能の空費…。努力を嫌う怠惰…。自分自身のことを指摘されているような心持ちに…。名作。

ジャンル
小説/文学
発売日
2013年
2月1日
言語
JA
日本語
ページ数
10
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
16.3
KB

カスタマーレビュー

アズサㅅㅈㅕ

良い

人として生きる時 主人公は自分の心の奥の感情を他人に伝えられない 可哀想 でもたしかに彼の性格が結局を決めた
わたしは中国人だけど、この本は本当に素晴らしいと思う。

うーーーりーー

勇気

己の才能不足を恐れず、挑戦しようという勇気が持てる作品だ

「しの(つー)くん。」

「山月き。」

50歩100歩。 前方五十歩。合わせで200歩。

中島敦の他のブック