闇の傀儡(かいらい)師 ‪上‬

    • 4.5 • 15件の評価
    • ¥640
    • ¥640

発行者による作品情報

鶴見源次郎は無眼流の剣の達人だが、御家人の身分を捨て、いまは内職で生計を立てる長屋住まい。ある日、ひょんなことから瀕死の公儀隠密に密書を託される。そこには「八は田に会す ご用心」とあった。田とは今をときめく老中の田沼意次。八は“八嶽党”。徳川将軍家が代がわりする度に、暗躍してきた正体不明の徒党である。「老中、まつだいら、さまに」と託された密書だが、しかし、松平姓の老中は三人いる。藤沢周平が愛読した立川文庫に想を得た、伝奇時代小説の傑作。

ジャンル
小説/文学
発売日
1984年
7月25日
言語
JA
日本語
ページ数
248
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.8
MB

藤沢周平の他のブック

1991年
2004年
2004年
1989年
1992年
1984年

カスタマーはこんな商品も購入

2012年
2016年
2012年
2013年
2000年
2013年

このシリーズの他のブック