• ¥660

発行者による作品情報

深川の中堅材木屋が木材を大量に買い占めていた。不審に思った風烈廻り与力青柳剣一郎が主に訊くと、百年前の明暦大火に匹敵する災厄が起こるという。単なる噂ではない、誰かが途轍もないことを目論んでいると剣一郎は睨む。一方、駿河で残虐な強盗を働いていた闇太夫一味が江戸へ潜入したという報せが。南北両奉行が狼狽えるなか、剣一郎の肩にすべてが掛かった!

ジャンル
小説/文学
発売日
2008
2月6日
言語
JA
日本語
ページ数
209
ページ
発行者
祥伝社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
5.3
MB

小杉健治の他のブック

このシリーズの他のブック