幕府軍艦「回天」始‪末‬

    • ¥720
    • ¥720

発行者による作品情報

歴史に秘められた事実を掘り起こした傑作長篇。


明治二年三月二十五日の夜明け。

宮古湾に碇泊している新政府軍の艦隊を

旧幕府軍の軍艦「回天」が襲った――。


箱館に立てこもった榎本武揚、土方歳三らは、次第に追い詰められていく状況を打開しようと、新鋭艦・開陽丸なきあと二番手の軍艦だった「回天」を使い、大胆な奇襲に賭けたのだった。

奇襲には成功したが、外輪船で小回りが利かない「回天」は、新政府艦隊に包囲されて集中砲撃を浴びる――。


一切作者の主観的視点は入れ込まず、事実のみをたどり、「回天」の運命を追いながら、初めて海上から箱館戦争が描かれた。


後に書かれる『天狗争乱』につながる、隠れた名作。


薩摩藩領宝島において、外国の捕鯨船員と島の警備の日本人との間の、小規模ながら戦闘がおこなわれた様子を描く「牛」を併録。


解説・森史朗

ジャンル
小説/文学
発売日
2022年
3月8日
言語
JA
日本語
ページ数
208
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
837.9
KB

吉村昭の他のブック

1975年
1980年
2004年
1986年
2004年
1985年