• ¥510

発行者による作品情報

アラハバキ神の祟りを思わせる死と相前後して、一人のお遍路の女性が殺されていたが、そのお遍路さんと八荒神社の巫女に接点があったことがわかる。そこに隠された真実を探り当てたとき光彦は、神をも嘲笑うような人間の底なしの業(ごう)に翻弄される……。長編旅情ミステリーの傑作。著者による書下ろし自作解説つき。

ジャンル
小説/文学
発売日
2007
11月10日
言語
JA
日本語
ページ数
280
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
949.3
KB

内田康夫の他のブック

このシリーズの他のブック