• ¥660

発行者による作品情報

日航機「もく星号」墜落の謎を追う問題作。

昭和27年4月9日、突然消息を絶った日航定期便福岡行き「もく星号」は、羽田を離陸した20分後に消息を絶った。

乗客には八幡製鉄社長・三鬼隆、漫談家・大辻司郎など著名な顔ぶれも混じっていた。翌日、伊豆大島三原山噴火口付近で、バラバラになった機体が発見されたが事故原因は特定されないまま。朝鮮戦争の最中に起ったこの事故は、果たして偶然か謀略か?

筆者代表作「日本の黒い霧」などと同様に、昭和の“謎”事件の真相を解明するため、記録的手法を導入して真正面から挑んだドキュメントタッチの長編小説・上巻。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2016
3月13日
言語
JA
日本語
ページ数
368
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
1.3
MB

松本清張の他のブック

このシリーズの他のブック