• ¥590

発行者による作品情報

椎名誠を中心に結成された「東日本なんでもケトばす会」、別名「あやしい探検隊」の冒険エッセイ。
冬山から粟島、八丈島、福島と縦横無尽にかけまわる。マニラやパラオでの旅の記録も収録。

本作用に表紙イラストを椎名誠が描き下ろし。巻末には、「対談 椎名誠×目黒考二」「電子書籍版あとがき」「椎名誠の人生年表」を掲載。
*当時の写真を可能な限り復元していますが、判別困難なものも含まれていますのでご了承ください。

<目次>
なぜかはわからぬが戦いの夜明けがきた!
赤手袋欠航記
必死の為替男、あかつきの脱走
布団屋が虚空に吼(ほ)えた釜谷の乱闘
火吹きの長谷川とバカデカフライパン
山田君たちのナベカマ攻撃
隙眼(すきめ)車掌のミステリー・トレイン
焚火(たきび)音頭の夜は更けて
粟島ドラゴン夜半の凶器攻撃
ドレイの逃亡
藍ケ江戦艦はバカデカ波に砕けた
極辛海域午前一一時の逆襲
南国ツバメ島へひたすら逃げる
サンミゲルよ永遠に……
マニラは今日もラー油だった
不思議島のフシギなカツドン
ああもうダメ……とシャコ貝は言った
街は冬
福島県警の赤色勝負
さすらいのベタ足北帰行
あとがき
文庫版あとがき
対談 椎名誠×目黒考二
電子書籍版あとがき
椎名誠の人生年表

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2014
1月31日
言語
JA
日本語
ページ数
220
ページ
発行者
クリーク・アンド・リバー社
販売元
CREEK & RIVER CO LTD
サイズ
45
MB

椎名誠の他のブック

このシリーズの他のブック