すぐ死ぬんだか‪ら‬

    • 4.0 • 8件の評価
    • ¥950
    • ¥950

発行者による作品情報

終活なんて一切しない。それより今を楽しまなきゃ。

78歳の忍ハナは、60代まではまったく身の回りをかまわなかった。だがある日、実年齢より上に見られて目が覚める。「人は中身よりまず外見を磨かねば」と。仲のいい夫と経営してきた酒屋は息子夫婦に譲っているが、問題は息子の嫁である。自分に手をかけず、貧乏くさくて人前に出せたものではない。それだけが不満の幸せな老後だ。ところが夫が倒れたことから、思いがけない裏を知ることになる――。

「定年」小説『終わった人』に続いて30万部超の大ベストセラーとなった人生100年時代の痛快「終活」小説!

<読者からの声>
2年前に手術を受け、以後は家の中での生活です。何事にも意欲が失せ『すぐ死ぬんだから』状態でしたが、この本に出会って100歳までの人生を考えています。(70代・男性)

『終わった人』も面白かったですが、こちらも一気に読んでしまいました。毒舌が心地よかったです。(50代・女性)

1ページ目から痛快で息も継げませんでした。(70代・女性)

もうすぐ定年ですが、新しい人生への希望と勇気をいただきました。(60代・男性)

つい最近80代になりもう物欲はなしにしようと思っていましたが、本書でますます元気になり明日もショッピングに行こうと考えています。(80代・女性)

ものの見方に光がさしたように感じます。くすんでいる私のはげみになりました。(50代・女性)

重ねた歳は戻せない。でも見た目は変えられる。今日から自分磨きをしよう。(60代・女性)

こんなに楽しい本は久し振りです。(70代・女性)

身につまされるが文句なく面白い!(70代・男性)

ジャンル
小説/文学
発売日
2021年
8月12日
言語
JA
日本語
ページ数
45,456
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
1.3
MB

内館牧子の他のブック

2018年
2000年
2015年
2020年
2013年
2015年

カスタマーはこんな商品も購入

2019年
2022年
2013年
2016年
2013年
2019年