• ¥800

発行者による作品情報

59もの会社から内定が出ぬまま大学を卒業した二流男の伊藤雷。それに比べ、弟は頭脳も容姿も超一流。ある日突然、『源氏物語』の世界にトリップしてしまった雷は、皇妃・弘徽殿女御と息子の一宮に出会う。一宮の弟こそが、全てが超一流の光源氏。雷は一宮に自分を重ね、光源氏を敵視する弘徽殿女御と手を組み暗躍を始めるが……。エンタメ超大作!!

ジャンル
小説/文学
発売日
2015年
1月9日
言語
JA
日本語
ページ数
409
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
1.7
MB

カスタマーレビュー

紫のハス

哀しみの経験が品格を高める

雷兄の波瀾万丈の人生に共感できる
不本意な大学への入学、失恋、就活の挫折など
平安時代に於いても、最愛の妻と子との死別、どれもこれも辛いことの連続でしたが、これらの経験がひとに優しくできる基礎になっていると感じました。
私も、紫式部のお墓にお参りしたくなりました。

アンパンマンとぺー

良き

ハマりました。そして弘徽殿の女御を好きになりました👍

内館牧子の他のブック