室生犀星全‪集‬

    • 4.0 • 2件の評価

発行者による作品情報

「室生犀星全集」は明治から昭和時代にかけて活躍した石川県金沢市生まれの詩人、小説家である鈴室生犀星の作品集。この作品には、著者の有名な「香爐を盗む」「不思議な魚」「舌を噛み切った女 またはすて姫」「洋灯はくらいか明るいか」「ザボンの実る木のもとに」「お小姓児太郎」などが収録されている。

ジャンル
小説/文学
発売日
2015年
7月14日
言語
JA
日本語
ページ数
1,055
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
1.1
MB

室生犀星の他のブック

2017年
2015年
2015年
1918年
2013年
2015年

カスタマーはこんな商品も購入

2015年
2015年
2015年
2015年
2015年
2015年