発行者による作品情報

『或る少女の死まで』は、明治から昭和初期にかけて活躍した詩人・小説家、室生犀星の小説である。初出は1952(昭和27)年1月25日。この物語は、女の子についているし、その事件は彼女と一緒に起こる。

ジャンル
小説/文学
発売日
2015
4月29日
言語
JA
日本語
ページ数
71
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
52.2
KB

室生犀星の他のブック